建築学科ごっこ

せめて、建築学科生のふりはしていたいから

建築学科必見!CAD・画像編集ソフトまとめ

f:id:houman-arch:20171028183033j:plain

建築学科生にとって有用となるソフトウェアの紹介です。

 基本的には1回生や2回生向けです。

 

 

  

 

1.CADソフト

CADとは、図面作成に特化したグラフィックソフトです。

CADソフトが登場するまではペンと定規で描いていた図面ですが、ここ数年のデジタル技術の向上により家庭用パソコンでも、学生でも扱えるCADソフトが増えてきました。

 

大学や専門学校によってCADに対するスタンスは大きく異なり、入学当初から、CADの扱いを教えてくれる所、3年生位から教えてくれる所、3年位から使用許可が出る所(勉強は自分で)、卒業まで手描き作図を推奨している所など様々です。

 

また、各学校はもちろん、各設計アトリエやゼネコンによって使っているソフトがまちまちです。

 

 そのため、建築を学ぶ学生にとって、いつから・どのCADを勉強するかは大きな悩みのタネです。

ちなみに当ブログでは、入学当初から、jwcadを学ぶことをおすすめしています。

houman-arch.hatenablog.com

houman-arch.hatenablog.com

 

 

それではCADソフトの代表例を紹介していきましょう。

 

1-1.Jw_cad(2次元CAD)

価格:無料

シェア:施工・設備・土木を中心により現場に近い業界で愛用されている。「非建築家・非設計士だがCADも使いたい」という人たちの要望に答える存在

ダウンロード先→Jw_cad

 

1-2.AutoCAD(2次元/3次元)

価格:有料(学生用無料版あり)

シェア:大手設計事務所やゼネコンなど、組織系の業界で愛用されている。世界でもっとも幅広く利用されているが、工業用も意識した汎用CADのため、建築設計で使うにはカスタマイズが必要な面も。

公式サイト→ AutoCAD 

 

1-3. Vectorworks(2次元/3次元)

価格:有料(学生用廉価版あり)

 

Vectorworks Architect 2017 スタンドアロン版

新品価格
¥365,278から
(2017/10/28 17:10時点)

 

シェア:アトリエ設計事務所やインテリア業界など、デザイン性が重視される領域で愛用されている。他のCADソフトとの連携が低く、データの受け渡しに一手間必要。

公式サイト→VectorWorks 

 

1-4.ArchiCAD(2次元/3次元)

価格:有料(学生用無料版あり)

シェア:比較的少ないが、BIM設計の先駆者ともいうべきソフト。大規模なプロジェクトを手がける分野では導入が増えている。

  公式サイト→ArchiCAD

 

1-5.Rhinoceros(2次元/3次元)

価格:有料(学生向け廉価版あり)

シェア:知名度はやや劣るものの、最近勢力を伸ばしている。15万円と比較的低価格だが、自由曲面の造形に優れ、滑らかで有機的・数学的なモデリングに真価を発揮する。

 Rhinoceros

 

1-6.SketchUp(3次元)

価格:無料(高機能な有料版あり)

シェア:最も手軽な3次元スケッチ作成ソフト。あくまで3次元CADではなく3DCGソフトなので、イラストや映像作品など表現のためのソフトなので、建築だけでなくインテリア・映像作品・漫画の背景にいたるまで使われている。同じく無料のJwcadと併用して使う学生が多い。

公式サイト→ SketchUp 

 

 

ちなみにそれぞれのソフトの作図感覚を図画工作で例えるなら

 

  • Jw_cadAutoCAD:色鉛筆やクレヨンのように線で表現・作図する
  • VectorWorks :切り紙貼り紙のように面で表現・作図する
  • ArchiCAD:積み木のように立体の組み合わせで表現・作成する
  • SketchUp:粘土のように立体の変形で表現・作成する

 

のような感覚だと思います。

 

このソフトの中で一番機能的に未熟なのはJw_cadSketchUpですが、学校の課題という面で見ればこの2つでも十分すぎるほどの性能があります。

 

その他RevitArchitecture、Form Zなど様々なソフトがありますが、シェアや学習のしやすさから言えば、建築学科生向けcadとしては上記ソフトウェアが有力候補と考えていいと思います。

 

(ちなみに3Dパースのリアリティや質感・光と影の具合はCADソフトではなくレンダリングソフトと呼ばれるソフトの性能差によるものです。

SketchUpだからチープなモデリングしか出来ず、高価なソフトなら繊細で美しいパースが書けるというわけではありません)

 

 

 

 2.グラフィックソフト

建築学科では図面以外にもスケッチ・パース・敷地図・模型写真・ダイアグラムなど様々なイラストやグラフィックを描く必要があります。

上記のようなグラフィックを表現する上で欠かせないのがIllustratorPhotoshopです。

 

店頭でのパッケージ販売はなく、ダウンロード販売のみです(パッケージ版は2014年まで)。

 

2-1.Adobe社ソフトウェア 

Adobe Illustrator CC|学生・教職員個人版|12か月版|オンラインコード版

新品価格
¥10,390から
(2017/10/28 17:34時点)

 

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop Lightroom)|学生・教職員個人版 |12か月版|オンラインコード版

新品価格
¥10,584から
(2017/10/28 17:37時点)

 当サイトでもおなじみ、二大グラフィックソフトです。

両者ともに学生版なら年10000円(月980円✕12ヶ月=11760円)です。

 

ちなみに両者含めて20種類ぐらいのソフトを自由に活用できるお得なプランもあります。 

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版|学生・教職員個人版|12か月版|オンラインコード版

新品価格
¥21,384から
(2017/10/28 17:36時点)

 

IllustratorPhotoshop両方使う予定の人は、コンプリートプランで購入するのがベストな手段と言えます。

 

adobeグラフィックソフトQ&A

・初期料金・別途料金は?

→無し

 

・どのプランがおすすめ?

IllustratorPhotoshopのどちらかしか使わないならそれぞれのプランを、両方使うならコンプリートプランがおすすめ。月2000円でIllustratorPhotoshopが使い放題となる。

 

・毎月払うのが嫌なんだけど、パッケージ版はないの?

→すでにパッケージ販売は行われていない。どうしてもパッケージ版がほしいなら海賊版か中古販売のみ。(但し、店頭での中古販売も禁止されている)

すでにパッケージ版は3年以上前のソフトなので最新版をダウンロード購入することを推奨。

 

・どこで買える?

→主に以下の3通り

  • 公式サイトからダウンロード
    公式サイトはこちら
  • Amazon Amazonで購入
    一年分一括購入ができる。一括購入のほうがひと月あたりの値段は安く変える。他、Amazonでの購入ならamazonのキャンペーンやセールが適応される。
  • 店頭のソフトウェアダウンロードカードを購入
    前述の通り、ディスクでは売っていない。ライセンスコードを購入し

    Adobe Creative Cloudで新規登録・サインインしライセンスコードを入力しダウンロードする。

等が挙げられます。

 

2-2.フリーソフト

基本的にはグラフィックソフトといえば上記Adobe社のIllustratorPhotoshopが有名ですが、類似機能を持ったフリーソフトも存在します。

 

Illustratorの類似ソフトとしてInkscapeが、

Photoshopの類似ソフトとしてGIMPが、

 

対抗するフリーソフトとしてあげられています。

機能としてはフリーソフトと言えども有料ソフトに引け劣らず、関連書籍もそれなりの数出版されています。

 

3.敷地・地図・地理データ関連ソフト

こちらにまとめました。

houman-arch.hatenablog.com

 

 

関連記事

houman-arch.hatenablog.com

houman-arch.hatenablog.com

houman-arch.hatenablog.com

 

 

 

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。

 

 

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。