建築学科ごっこ

せめて、建築学科生のふりはしていたいから

建築学科と卒業論文 【卒論と卒制の大きな違い テーマ決定 他】 

 

  • 3回生までの研究:自分の知らないことを調べる
  • 4回生からの研究:だれも知らないことを調べる

 

あなたが計画系・歴史系・構造系・環境系のどの研究室に所属するのであれ、この違いは必ず意識しておくこと。

4回生になっても「自分の知らなかったことをまとめた文章」と論文を混同している者も多い。

 

 

 

 

 

1.卒業論文3つの壁

卒業論文を書くにあたってぶつかる3つの壁がある。

 

1.論文初挑戦

これまで設計課題を3年にわたって行った建築学科生が、突然論文執筆の必要に迫られる。

書くのはおろか読むことすら初めてという人のほうが多いだろう。

論文とは何か?という全体像が薄っすらと見えてきた頃にはもう提出期限である。

これは卒業制作と比較したとき、卒業論文に取り組む学生が大きく不利な点である。(有利な点は後輩を雇っての模型製作をせずに済む点か)

 

2.期間が短い

論文の執筆期間が一年未満というのはかなり短い。

すくなくとも専門知識も論文執筆経験も乏しい人間が初めて取り組むには短すぎる期間である。

卒業制作の学生も同じ条件に見えるが、彼らはこれまでの4年間の集大成として制作している。

一方卒業論文過去3年間の取り組みと断絶した分野で成果を出さなければならないことも多い。

短期間で先行研究を読み、基礎知識を蓄え、まだ解明されていない研究テーマを打ち出し、それを検証した上で、文章として書き上げなければならないのだ。

 

3.入手できるデータが限られている

論文には必ず根拠が必要である。

そしてその根拠は一次資料に拠らなければならない。

歴史系なら史料、計画系ならリサーチ、構造・環境系なら実験がおもな論文の土台となる。

 

ところが、特定の人脈を駆使してしか手に入らない史料、高価な機材が必要な実験など、学生の研究を阻む*1存在は多い。

学生は学生ごときでも閲覧・入手できるデータを駆使してまだ誰も発見していない事実を探さなければならない。

 

 

 

卒業論文での苦しみの多くは、上記3点のいずれか(もしくは全て)に起因する。

 

「だから卒業制作のほうが簡単だ!」という気はまったくないし、

「だから卒業論文のほうが苦しいんだ!」と主張する意思も毛頭ない。

 

だが、「卒業制作より卒業論文のほうが、調べて書くだけだから簡単だろう」などと甘い考えを持つと、痛い目を見るということである。

 

 

2.とにかく論文を読む!

こうした壁を乗り越える唯一の方法は「大量の論文を読む」しか無い。

もちろん4回生になってから初めて論文を読んでいたのでは遅すぎるだろう。

とはいえ、これまで全く論文を読んだことがなかったとしても、筆者はあなたを責めるつもりはない。

悪いのは、自分の書いた参考書は学生に売りつけるくせに、論文の読み方・探し方すら禄に教えない教授陣である。(すでに教えてもらっている学生が、こんな記事を読んでいるとは思えない。)

 

論文を読めば必ず解決するわけではないが、最低でも30報程度の論文には目を通しておかないと、論文に対する基本的なリテラシーすら身につかないだろう。

 

筆者は3回生の時、所属希望先の教授が書いた論文の内幾つかを引用注釈も含めてすべて模写した。

実のところこの行為にどの程度意味があったかは定かではない。

だからあなたにこのトレーニングを強要する気もない。

 

とはいえ、初見では全く歯が立たなかった論文が少しずつ理解できるようになってきた体験だけは付け加えておこう。

少なくとも、後悔はしていない。

 

 

3.テーマが決まらない人へ

前述の通り、卒業論文執筆には幾つもの壁が存在している。

そのため興味のある分野・やりたいテーマを探してから調査を開始すると行き詰まる可能性が非常に高い。

 

・ありふれたテーマは先行研究が多すぎて学生に開拓余地が残されていない

・マイナーすぎるテーマは根拠となる一次情報を確保できない

 

卒業論文のテーマ決定は、必ずこの板挟みに苦しめられる。

テーマ決定に失敗すれば、いわゆる手詰まりとなる。

気がつけばあっという間に1月になる。

一度行き詰まれば、学生個人の努力や能力では解決不可能となる。

 

  1. 興味あるテーマでの既往研究を網羅的に読み込む
  2. 同時に自分がアクセスできる範囲の一次資料を知悉する
  3. だれも研究しておらずかつデータが入手できるニッチな分野を見つけ出して研究

という手順でテーマを決めれば、スムーズに成果を出しやすい。(楽しいかは別だが)

 

「俺はやりたいテーマが一回生の頃から決まっていたんだ!だからこのテーマで書く」という人も、いざという時の保険として論文を書きやすそうなテーマを用意しておくのが無難である。

 

4.テーマが決定し、調査を進めている人へ

無事テーマが決定したからと言って気は抜けない。

論文執筆にはもう一つ大きな落とし穴がある。

 

 

 

卒論において「進捗」とは原稿そのものの進み具合を指す。

間違っても集めた史料の量や読み込んだ文献の量を進捗とは呼ばない

 

たしかに先行研究や基礎知識を身に着けなければ論文は書けないが、調査とはあくまでスタートラインに立つまでの準備運動にすぎない。

 

せっせと図書館に通い、大量の文献に目を通し、知識の幅を広げる行為は気持ちがいいものだ。

この分野について自分以上に詳しい人間はいないんじゃないかという謎の全能感と、その分野の奥深さに心打たれ自分の無知さに途方に暮れる無力感がぶつかる瞬間は学者肌の人間にとっての麻薬に近い。

そのため、調査をすすめればすすめるほど、自分の研究が進んでいるような錯覚を覚える。

 

それにくらべて執筆は苦しい

書いても書いても考えがまとまらず、一度に言いたいことが3つも4つも溢れ出る。

一つの事実を表現するために最適な言葉が浮かばず、自分はこれほど日本語が苦手だったかと惨めになる。

原稿の書き出しが決まらず、一文字も書き始められないまま時間がすぎるのは誰しも経験する苦悩である。

だから執筆を後回しにしたくなる

もっと資料を集めてからでないと、もっと実験を繰り返してからでないと、文章を書き始められないと言い聞かせ、知識の海に浸る行為に逃げ込みたくなる。

 

しかし、繰り返しになるが論文にとっての進捗とは原稿そのものの執筆状況以外にはありえない

 

設計課題を思い出してほしい。

スタディ模型もエスキスもスケッチも持参しない講評会は無意味と同義であった。

口頭で「今回の課題では○○みたいな建築を作りたいです」と説明するほどマヌケなことはない。

 

「この資料を読み込み、このようなことがわかりました。」というゼミでの報告は「こんな建築を作りたいです」という報告と大差ないのだ。

 

まずは1000字でいい。

既往研究との位置づけも、その論考の根拠となるデータの考察も、格調高い論文めいた日本語も不要である。

あなたの研究テーマと、その研究の結論を文章としてまとめる必要がある。

そこまで来て、ようやくあなたの論文は最初の一歩を踏み出したといえるのだ。

 

資料集めという名の怠惰に心を奪われないよう、常に意識を保たねばならない。

「自分では努力してきたつもりなのに、気がつけば何も進んでいない!」と嘆く人の多くはこの落とし穴にハマっているのだ。

 

 

関連書籍

 

建築系学生のための卒業論文の書き方

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。

 

 

*1:例えば近代における遊廓建築をテーマとした論文を書きたいと望んでも、花街に関する史料は量に乏しく、かつ関係者が公開を拒否するケースも多い

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。