読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放漫なる建築学科ごっこ

建築学科ごっこを通じて見つけた、建築学科で立ち振る舞うライフハックや仕事術

GoogleMAPはもう卒業!正確な周辺地図・敷地図のダウンロード法を徹底解説!

建築学科 建築図面 プレゼン 建築模型 地図

f:id:houman-arch:20170221184924p:plain

建築学科に入って困ることの一つが正確な地図の入手方法です。

日常生活ではGoogleMapをスクリーンショットした画像があれば十分でした。

しかし、プレゼン用の敷地解析図や配置図、敷地模型のためにはGoogleMapでは力不足です。

 

GoogleMapの弱点は以下の3つです。

  • 縮尺を自由に設定できない
  • 地名や施設名・影などの余分な情報を削除できない。
  • 日常生活用のデータのため正確でない線も多い

 

また、書店や市役所で正確な地図を購入できますがこちらも

 

  • 1/2500など、小さな縮尺のものしか無い
  • 必要な地図はごく一部なので、使わないところの地図まで買いたくない
  • 地名や境界線など、GoogleMap以上に不要な情報が多い
  • スキャンが必要で場合によっては時間をかけてトレスしなければならない

 

など、いくつもの不満がありますね。

 

 

そこで今回は、必要な情報だけが盛り込まれた正確な縮尺の地図を入手するできる国土地理院基盤地図情報サービスの使い方を紹介します。

 

 

 

macの場合、地図情報のダウンロードは出来ますが、それを閲覧する基盤地図情報ビューアが利用できないようです。mac上で利用したい方は品川地蔵様作成の閲覧ソフト基盤地図ビューア等を利用してください。指定した縮尺の地図がPDFにて出力できます。

 

 

 目次

 

 

 

 

 

 はじめに(権利とか利用許諾とかの話)

基盤地図情報の利用にあたっては、その利用用途に応じて国土地理院の承認が必要となる場合があります。

 

 

基本的に、上記に記載したようなプレゼンボードに記載する配置図・敷地解析図、及び模型製作のための利用

次に該当する場合は、利用方法が複製・使用いずれであっても、承認を得ずに利用することが可能です。

  • 私的に利用する場合
  • 学校その他教育機関で利用する場合
  • 一時的な資料として利用する場合
  • イラスト的に利用する場合

利用方法が複製に該当する場合は、次の目的であれば申請不要で利用が可能です。

に該当すると考えられるため、承認を得ずに利用することが可能です。

 

(また、コンペ等のプレゼンボードに地図情報を利用し、それが出版物に掲載されるのは成果品の二次利用にあたり、同じく申請不要と考えられます)

 

 

ただし、不特定多数へ配布する刊行物などに地図情報を記載する場合は、申請が必要な場合があります。

その時は、配布物の有償無償にかかわらず、一度国土地理院の地図の利用手続をみてし、申請の要不要を確認してください。

 

 

なお、当記事に補足的に挿入される画像については

次に該当する場合は、利用方法が複製・使用いずれであっても、承認を得ずに利用することが可能ですが、出所の明示が必要となります。

の「刊行物等に少量の地図を挿入する場合」に当たると判断し、出典の明記にとどめています。

 

 また、上記はあくまで筆者の解釈にすぎません。

詳細はきちんと国土地理院利用規約を確認してから自己責任で利用してください。

本記事を元にダウンロード・作成した地図で何かしらのトラブルが発生した際も、当ブログは一切の責任を負いません。

 

 

 

1.利用者登録を行う

f:id:houman-arch:20170221184926p:plain

まずは、基盤地図情報サービスのサイトから 利用者登録を行います。

利用者登録は画面中程にある[利用者登録について]項目の[新規登録はこちら]から行います。

 

登録自体は特に問題なく完了すると思います。

ただ、登録したばかりの時はパスワードがランダムな英数字のため、後日ログインするときに少し不便ですね。

 

そこで、地図のダウンロードの前にパスワードを覚えやすいものに変更しましょう。

 

 

 まず、[登録情報の変更]リンクをクリックし、先程登録したログインIDと送られてきたパスワードを入力し、ログインします。

 

 

[パスワードの変更]からパスワードを覚えやすく解析されにくい任意のものに変更しましょう。

パスワード変更後、一旦ログアウトされます。

(このサイトはパスワード変更後に限らず頻繁にログアウトさせられます。結構煩わしい)

 

 

以上が完了したら、次は地図を閲覧・保存する専用ソフトウェアをダウンロードしましょう。

 

 

2.専用ソフト「基盤地図情報ビューア」をダウンロードする

f:id:houman-arch:20170221184931p:plain

専用閲覧ソフト基盤地図情報ビューアは同じページの最下部からダウンロードできます。(なんでこんなわかりにくい位置に…)

 

 

f:id:houman-arch:20170221184933p:plain

クリックすると即ダウンロードが開始。

保存先が表示されるので、任意のフォルダに保存してください。

(ここではデスクトップに保存)

 

 

f:id:houman-arch:20170221184935p:plain

ダウンロードが済みましたら、ソフトをインストールしましょう。

ファイルはzip.形式なので、何らかの解凍ソフトで解凍し、フォルダ内の[Install]アプリケーションをダブルクリック。

インストールを開始します。

 

 

f:id:houman-arch:20170221184936p:plain

セキュリティ警告が出るので[実行]をクリック

 

 

f:id:houman-arch:20170221184937p:plain

ソフトのインストール先が出るので好きなフォルダを選択(ここでは同じくデスクトップ)してソフトをインストールします。

 

 

f:id:houman-arch:20170221184941p:plain

以上で基盤地図情報がダウンロードできました。

上のようなソフトが開けば完了です。

(正常にダウンロードできたので、先程ダウンロードした[FGDV.zip]ファイルとその解凍ファイルは削除して大丈夫です)

 

 

次はほしい地域の地図情報をダウンロードしましょう。

 

 

3.「基盤地図情報」をダウンロードする 

再び基盤地図情報ダウンロードサービスのページに戻りましょう。

f:id:houman-arch:20170221184945p:plain

サイトトップの[ダウンロードファイル形式選択]の項目から[基盤地図情報基本項目]内にある[JPGIS(GML)形式]をクリックします。

 

 

f:id:houman-arch:20170221184948p:plain

[※データ利用上の注意事項]を確認の上、必要な地図情報を選択します。

 

まず、右下のチェックリストから欲しい項目をチェックします。

 

とりあえず必須なのは以下の3つです。

  • 道路縁:建築基準法上の道路縁線
  • 建築物の外周線:建築基準法上の建築物の屋根の外周線
  • 街区の境界線及び代表点:市街の道に囲まれた区画の境界線

 

また、地域によって水辺や線路がある場合もありますので、その場合は以下の項目にもチェックを入れましょう

  • 軌道の中心線:電車の線路軌道の中心線
  • 水涯線:河川や湖沼、及び水路等の境界線
  • 海岸線:海と陸の境界線

上記6項目がいわゆる目に見える情報です。(残る項目は法律上の線や区域など実際には存在しない線)

 

 

 

必要な項目にチェックを入れ終わった後は、ほしい地図の地域を選択するために[地図から選択]をクリックしましょう。

(ただ、後述の理由により、ここでは全項目にチェックを入れておいたほうがいいかもしれません)

 

 

f:id:houman-arch:20170221184853p:plain

すると地図が開きます。

しかし、白地図のため拡大すると画面が真っ白になり、範囲設定がしにくいです。

そのため、左下から[標準地図]を選択し表示形式を変えましょう。

以下のように建物や道路の線が現れます。 

 

f:id:houman-arch:20170221184858p:plain

日本地図を拡大し、自分がほしいエリアを映し出します。

地名や施設名がわかっている場合は上の検索欄からも検索できます。

(ここでは練馬区を選択)

 

 

 

f:id:houman-arch:20170221184906p:plain

ダウンロードしたい地域を表示できたら、その地域を選択します。

地図が2次メッシュと呼ばれる大きなブロックでエリアが区切られているため、自分が取得したい区域のメッシュをクリックしましょう。

選ばれた範囲が青く変わるとともに、画面左の[選択状況]に選択した範囲の番号一覧が表示されます。

取得したいエリアをすべて選択し、[選択完了]をクリックしましょう。

 すると下のような画面に移動します。

 

 

f:id:houman-arch:20170221184911p:plain

ダウンロードするファイル一覧が出るので、必要なデータにチェックを入れて[まとめてダウンロード]をクリックしてください。

 

なぜか、時々選択していないデータまでリストに表示されたり、選択したはずの項目がリストになかったりします。

原因は不明。

その時は改めて必要なデータをチェックしなおしてください。

 

全項目ダウンロードしてもよいのですが、結構なデータ容量になります。

後々のことも考えて、不要なデータはこの時点で除外してダウンロードしておきましょう。

 

 

 

また、ログインしてない場合は、別ウィンドウでログインを要求されます。

 

保存ダイアログが表示されるので、保存先を選んで地図データを保存します。

名前も初期の[PackDLMap]からわかりやすい名前に変更しましょう。

 

 

ちなみに、ここでのダウンロードは分割して行っても後から一つにまとめることが出来ます。

PCのスペック上、大容量データのダウンロードが出来ない場合、例えば先に建物の外周線だけダウンロードし、その後他のデータをダウンロードするといった手段があります。

 

以上で地図データのダウンロードも完了です。

※ここでダウンロードした地図データはzip.形式ですが、解凍する必要はありません。

 

 

 

4.基盤地図情報ビューアで地図をダウンロード・保存する

f:id:houman-arch:20170221184913p:plain

最後に2.でダウンロードした閲覧ソフト「基盤地図情報ビューア」を使って、3.で保存した基盤地図情報を見てみましょう。

基盤地図情報ビューアソフトを開き、[新規プロジェクト作成]をクリックします。

 

 

f:id:houman-arch:20170221184917p:plain

[新規プロジェクト作成]ダイアログが表示されるので、プロジェクトタイトルを入力し、右端の[追加]をクリック、先程保存したファイルを探しすべて選択して[開く]をクリック。

すべての読み込むファイルを選択したら右上の[OK]をクリックします

 

 

 

f:id:houman-arch:20170221184920p:plain

クリックすると読み込みに数十秒~数分かかります。

焦らず待ちましょう。

しばらく待つと上のような地図が表示されます。

どうしても途中で中断するときは[Escキー]を押してください。

 

 

 

 

 

f:id:houman-arch:20170221184921p:plain

全体の地図が現れたので、地図がほしい敷地の辺りを、拡大しましょう。

 

画面上部のツールバーから[縮尺設定]をクリックし、1/2000程度の縮尺を設定、[OK]をクリックし、そのまま取得したい敷地をクリックして拡大します。

 

 

 

f:id:houman-arch:20170221184923p:plain

ダウンロードしたい敷地が画面に表示されましたら、次に、そのエリアの正確な縮尺のpng.データを保存しましょう。

画面上部のツールバーに[表示画面を画像データとして保存]がありますが、

これは罠です

(もちろん画像データとして保存できるのですが、縮尺を指定できません)

 

その代わりその横の[印刷]をクリックします。

画像としてダウンロードしたい時も、必ずこの[印刷]をクリックしてください。

 

 

 

 

 

f:id:houman-arch:20170221184924p:plain

すると[印刷]ダイアログが表示されます。

ほしい範囲をダウンロードするためにここで様々な情報を指定します。

 

まず、左のチェック欄[現在の表示領域を中心として、縮尺を指定して、現在のプリンタ設定用紙に(目いっぱいの大きさで)印刷します(3)]をチェックします。

 

次に、左下の[イメージを作成してファイルの保存します]にチェックを入れ、解像度を最高の[300dpi]に指定します。

 

また、その下のファイルのアイコンをクリックし、画像の保存先・ファイル名・保存形式を指定し[保存]をクリックします(まだ保存はされません)。

 

さらに[プリンタ選択]をクリック。

保存する画像のサイズと縦横を[用紙サイズ]と[印刷の向き]から選び、[OK]をクリックします。(ここではA4サイズ・横向き)

 

最後に、その隣の[縮尺]を指定します。(ここでは1/500。やや大きめの画像にしておく)

 

右上のプレビューをみて、求める画像になっていることを確認し、[OK]をクリックし画像が保存されます。

 

 

 

以上で求める縮尺の地図が手にはいります。

 

最後に、[F12]キーをおして、地図データを[名前をつけて保存]しましょう。

これで、次回も同じ状態から地図を開くことが出来ます。

 

 以上で設計する敷地の正確でシンプルな画像をダウンロードできました。

 

この基盤地図情報は他にも様々な活用法があるのでそれはまたいずれ。

 

 

関連リンク

基盤地図情報ダウンロードサービス

基盤地図情報

VectorMapMaker

【建築学科必見】敷地周辺など既存部分の図面を自動で描く方法 - Togetterまとめ

 

関連記事

ダウンロードした基盤地図情報IllustratorやCADで使う方法▼

houman-arch.hatenablog.com

 

 

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。