読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築学科ごっこ

建築学科ごっこを通じて見つけた、模型作成、図面加工、時間管理などやりかたまとめ

CADデータをIllustratorで見やすく加工する方法 「3秒で伝わる建築図面」を目指して ~着彩編~

本記事は

「3秒で伝わる建築図面」を目指して。Illustratorによる図面加工術 ~下準備編~ - 放漫学生の建築学科ごっこ

の続編記事である。

未読の方は、まずこちらから閲覧を推奨する。

 

 

 

 

 前記事ではCADの図面をIllustratorに取り込む方法を紹介した。

ここからはその図面を着彩し、より設計の意図を明白にする方法を考察する。

 

f:id:houman-arch:20161002154446j:plain

 

まずは、上図のように図面を単純に塗り分ける方法を解説し、その後立体感やノイズを入れることで、より魅力的な図面になる応用法を紹介する。

 

 

 

 

 

 STEP3:図面の着彩

線のみで構成された図面は細かく正確な情報を盛り込むことには向いているが、線の意味を読み取る能力に秀でていなければ、空間のあり方を読み取りにくい。

一方着彩し面で構成された図面は、より多くの感覚的情報を初見で伝えることができるようになる。

 

3-1準備

Illustratorは[新規]で開くとスウォッチやシンボルに初めからカラーパレットやシンボルが表示されるが、今回のように[開く]でデータを読み込むとそのデータ内で使われているカラーパレットやシンボルしか表示されない

そのためスウォッチやシンボルを取り込む必要がある。

 

f:id:houman-arch:20161002154250j:plain

スウォッチ]パネルのパネルメニューアイコンをクリックし、メニューから[スウォッチライブラリを開く]→[初期設定スウォッチ]→[プリント]を選択する。

 

 

 

f:id:houman-arch:20161002154313j:plain

初期表示されるカラーパレットが表示されるため、すべてのカラーを[Shift]キーを押しながら選択してスウォッチパネルにドラッグ・アンド・ドロップする。

シンボル機能を利用する場合も同様にしてライブラリからデータを取り込む。

 

3-2壁を着彩する

まずは人や物が入り込めない柱や壁を塗りつぶす。これだけでも図面の見やすさがぐっと上がる。

 

f:id:houman-arch:20161002154341j:plain

赤など見やすい適当な色を選択する。

塗りつぶしたい壁を(周囲の線も含めて)大雑把に選択。

[ツールパネル]から[ライブペイント]ツールを選択、塗りつぶしたい範囲をクリックし、壁が彩色される。

 

ライブペイントツールは選択した線によって囲われた領域を塗りつぶすIllustratorの機能である。線が結合されていなくても、あるいは長方形でなくても、見た目上閉じた図形であればPhotoshopの[塗りつぶし]機能のように塗りつぶすことが出来る。

 

 

f:id:houman-arch:20161002154403j:plain

壁をすべて塗りつぶしたら、[コントロールパネル]上の[拡張]ボタンをクリック。

壁をすべて選択し、好きな色に変更する。

幾つかのパスが勝手にグループ化されているので、都合のいいように線のグループやレイヤーを整理する。

 

以上で壁が着色される。

 

 

3-3床を着彩する

次に床、地面を着彩する。

床に色を付けて塗り分けると「屋外なのか、屋外なのか」「吹き抜け空間なのか、タダの段差なのか」などゾーニングや空間の意味が明白になる。

 

f:id:houman-arch:20161002154426j:plain

まずは大まかに「背景」「敷地」「室内」を大まかに塗り分ける。

壁や図面の書かれたレイヤーの下に[床]レイヤー(お好みで[敷地]レイヤー等分けてもよい)を作成する。

床の塗り分けにはおもに[長方形]ツールで目当ての色の長方形を作成し、[パスファインダー]機能で複数の長方形を合体・型抜き・分割する。

 

 

f:id:houman-arch:20161002154446j:plain

さらに細かく塗り分ける。

ここの色の選択は個人のセンスが問われるが、筆者のように色彩センスのないものは「かっこいいものを作ろう!」とするよりも

  • 「どの空間とどの空間に差をつけるか」
  • 「どのようにして色の差をつけるか」
  • 「建物のコンセプトを表現する配色は?」

等にリソースを割いたほうが良い。

 

たとえば、「敷地外の空間は彩度を低く」「外部空間は日光を意識して明度を高く」「大きなワンルーム空間でも床の色を変えて空間内の性格の違いを表現」等を意識する。

 

ここまでが図面加工の基本である。

ただ壁と床を塗り分けただけだが、図面のみやすさ、空間の意図はかなり見えやすくなったと思う。

 

 

f:id:houman-arch:20161209114714j:plain

軽井沢の山荘 断面図

 

次の記事では図面にエフェクトやテクスチャを与え、より雰囲気があり立体感のある図面にするための加工法を紹介する。

→近日公開予定

 

 

Illustratorで加工した図面。どう紙面にレイアウトする?▼

houman-arch.hatenablog.com

 

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。