読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放漫なる建築学科ごっこ

建築学科ごっこを通じて見つけた、建築学科で立ち振る舞うライフハックや仕事術

建築学科とスケッチと ~ 手を動かして考えよう①

建築学科 スケッチ・パース

f:id:houman-arch:20160503234803j:plain

f:id:houman-arch:20160503230356j:plain

f:id:houman-arch:20160503232647j:plain

f:id:houman-arch:20160503232548j:plain

f:id:houman-arch:20160503232456j:plain

 

 

下手でもいいから手を動かして考えようと、建築業界各方面で唱えられています。

スケッチはその代表でしょう。

 

 

僕は世間に対して自慢できるほどの、例えば一流として人から対価をもらえたり、後輩の手本となりうるような作を生み出せるほどの画力を持っているとは考えてない。

しかし、低くても小さくても、自分らしい自分を世間に対して示す名誉を信じていますから、自己の記録も兼ねて過去のスケッチを掲載しようと思います。

 

 

ですから、デッサンがなってないとか、影の付け方がおかしいとか、おまえ建築学科を舐めてるだろとか、そういった指摘はどうぞご勘弁を。

 

 

多分立ち直れませんから。

 

関連記事

 

パース・スケッチの中でも難易度の低い平面パースの描き方▼

houman-arch.hatenablog.com

 

積み重ねたスケッチが「忙しい建築学科」から脱出する切符になるという話▼

houman-arch.hatenablog.com

 

▼このワンクリックが大きなモチベーションです。何卒。