読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放漫なる建築学科ごっこ

建築学科ごっこを通じて見つけた、建築学科で立ち振る舞うライフハックや仕事術

敷地図・配置図の作成、周辺敷地解析に便利なサイト・ソフト 6選

建築学科は日本では理系、中でも工学に分類される学問ですが、近年課題もコンペも、より周辺敷地との関係や歴史性・地域性等をますます重要視するものがふえてきました。 もはや建築家は単に施主や利用者の要望をまとめてかっこいい建築を作ればいいだけの人…

IllustratorやCADで使える正確な敷地図をダウンロードする方法【VectorMapMaker】

すこぶる便利なのに、嘘みたいに知名度が低いソフトVectorMapMakerについて紹介したい。 (今回は単なる紹介記事なので、具体的な使い方やダウンロード方法は公式サイトに譲る。) VectorMapMakerとは、前回紹介した国土地理院基盤地図情報をIllustratorやCA…

模型材料を整理する方法

建築学科の製図室は汚い。 その最たる原因はあふれんばかりの模型材料にある。 大学によって散らかり方の質も量も違うだろうけれども、「建築学科 製図室 」で画像検索すればだいたいどこの学校も似たような状況にあることが窺える。 「模型を提出しない」と…

建築プレゼンボードレイアウトの流れと型 -テレビショッピングに学ぶプレゼンの様式美-

建築のプレゼンボードに限らず、他者にプレゼンテーションするには基本となる型がある。 それどころか、紙面上のどこに図面を配置し、どこに模型写真を載せ、どのように視線の流れを作るかという大枠は、かなりパターン化されている。 そのパターンの一つを…

手描きで平面パースを描く方法

明日は草案なのに平面図しか用意してない!模型を作る時間はないけどスケッチは苦手…そんなあなたに

卒業制作で、後輩があなたに望んでいるたった一つのマネジメント

結論から述べよう。 後輩へ自分の設計をプレゼンテーションする。 後輩に自分の過去作品をプレゼンテーションさせる。 以上の卒業設計における効能を紹介するのがこのエントリーの趣旨だ。 日々怠惰で放漫な僕を置き去りに、2016年は11月も終わりに差し掛か…

質のいい作品が出来たからポートフォリオを作るのではなく、ポートフォリオを作るから作品の質が上がる

ポートフォリオは就活のためにのみ作るものではない。 過去の自分の作品の編集は、それだけで大きな効果をもたらす。

CADデータをIllustratorで見やすく加工する方法 「3秒で伝わる建築図面」を目指して ~着彩編~

CADでえがいた図面をIllustratorで嫡妻する方法の基礎を紹介。

忙しい建築学科生に足りないのは「時間配分」より「努力配分」の感覚なのではなかろうか

クリエイターの努力というものは4パターンあり、栄養素と同じくそのバランスが寛容なのだが、そこを行くと建築学科生というのはクリエイティブを自称しておきながら自らの「努力の偏食」に全く無自覚なように思われる。そして、その偏りこそ、徹夜しても徹夜…

CADデータをIllustratorで見やすく加工する方法 「3秒で伝わる建築図面」を目指して ~下準備編~

建築家の引く図面は、エンジニアとしての「設計図」であり、商売人としての「契約書」であり、ビジネスマンとしての「企画書」であり、デザイナーとしての「グラフィック」でもある。 同じ建物を表した図面でも、あなたがどの立場で書いたものなのか、そして…

設計課題で考慮すべき「プレゼンテーションの掟」とは?

数年間の建築学科生活を通じて、入学当初よりは幾分マシなプレゼンテーションが出来るようになったと思う。かつてのプレゼンに悩み苦しんだ自分に宛てるつもりで「自分のプレゼンテーションに足りなかったもの」をここに書き記す。

建築学科生だけが「建築学科は忙しい」と信じ込んでいる

提出間際の睡眠時間の多寡を互いに報告しあうという実に惨めな現状を、当人たちだけでなく教授陣も業界人も暗黙のうちに認めているのが建築教育の現場なのです。 なぜ他の学科に比べ建築学科がこれほど忙しいという迷信が当然の如くまかり通っているのでしょ…

1回生のうちからCADによる製図を学んだほうがいい理由を3つ

あなたが大学や専門学校で手書きによる製図が義務付けられたからといって、CADの勉強を後回しにする理由はなにもないのです。 本記事で語られる“CADでの製図が認められていない1回生のうちから、それでもCAD図面の作図スキルを学んだ方がいい具体的で即物的…